東京総合保健福祉センター 江古田の森

文字サイズ変更

南東北グループ

設立理念 施設方針

設立理念

東京総合保健福祉センター江古田の森は「すべては利用者さんのために」の法人団是の下、高齢者福祉及び障害者福祉の地域の拠点として「生涯、住み慣れた地域で生き生きと暮らし続けるため」に、地域の皆様や利用者、家族に「安全と安心」を提供します。

施設方針

 東京総合保健福祉センター江古田の森は、地球の環境保全並びに環境負荷軽減を、介護・福祉サービス活動において常に考慮し、顧客満足を維持しつつ、社会貢献していきます。
  ●環境問題関連を含む法令、その他の要求事項を遵守して、福祉サービスを提供します。
  ●医学的、教育的、心理的、社会的リハビリテーションを提供し、利用者の生活の質を向上させることで、自立と自己実現を目指します。
  ●利用者の自己決定と選択を尊重し、利用者の願いや思いを大切にし、利用者の気持ちに寄り添った支援をします。
  ●職員は、専門性の向上のために不断の努力をし、研修及び研鑽を積みます。
  ●介護・支援・福祉サービスにおける環境影響評価を適切に行ないます。
  ●より良い福祉サービスの実現と環境負荷の軽減のための施設目的・施設目標を設定するとともに定期的に見直しを行い、統合マネジメントシステムを継続的に改善していくことを通じて、福祉サービスの質の向上と環境パフォーマンスの向上を積極的に推進します。
  ●福祉サービスの提供にあたって、事故防止、感染防止、汚染防止に努め、施設環境の快適性を推進します。
  ●施設方針は、全職員に周知するとともにホームページ等を通じて一般に公表します。

平成29年1月1日

ISO9001 ISO14001認証取得

平成22年9月3日 認証取得
ISO9001:2015/JISQ9001:2015
ISO14001:2015/JISQ14001:2015

江古田の森:設立のあらまし

中野区が旧国立療養所中野病院跡地に、PFI事業※による施設整備を実施するため、事業者を全国公募し、選定事業者となりました。 
※PFI法:民間資金等の活用による公共施設の整備等の促進に関する法。

社会福祉法人 南東北福祉事業団は下記を目標として、多種にわたる福祉サービス機能を一体的に整備することにより、 多機能複合化による効率化を目指します。

  1. 地域の医療機関や居宅介護事業者との連携のもと、「地域リハビリテーション体制」 を構築し、可能な限り在宅復帰を目指します。
  2. 区内の保健福祉ネットワークの拠点となり、地域の保健・医療機関・福祉施設や 居宅介護事業者と連携する体制を構築し、地域や家族との結びつきを重視した 事業所を目指します。
  3. 地域交流スペースや敷地内庭園等にて住民も参加できるイベント等を開催したり、 ボランティア協力のもと、施設外へ積極的に出掛ける機会を設け、 地域に開かれた施設を目指します。 災害時には、中野区の災害弱者の二次避難所として高度な対応を可能にすべく、被災者の救援・救護活動に必要なスペースの確保および資機材の備蓄を行います。

お問い合わせ TEL:03-5318-3711 〒165-0022 東京都中野区江古田3-14-19 総合東京病院