東京総合保健福祉センター 江古田の森

文字サイズ変更

南東北グループ
ご相談・お問い合わせ 交通ご案内

今日のできごと

食べることの大切さ(介護老人保健施設)

2015.04.18

老健 食べることの大切さ

東京では靖国神社のソメイヨシノが開花して穏やかで暖かい気候となってまいりました。そんな日は外に出て春を感じたいときもあります。

今月は「好きな物がたくさん食べたい」「外食へ行きたい」といった利用者さんのニーズをもとに外食ツアーを企画させていただき車でドライブをしながら回転寿司へ行ってまいりました。お寿司のメニューの種類で一番人気はやっぱり「まぐろ」でした。感想も「おいしかったよ」「また来たいね」と嬉しくなる声がたくさん聞かれ気持ちも春のような気分です。

高齢者の「食べること」は身体機能の維持や生活機能の維持に大きく関わってきます。低栄養状態の予防・改善をすることで要介護状態や疾病の重度化も予防できることもあるそうです。介護保険制度が施行されて15年が経過しようとしています。近年の高齢者施設によっては外食産業の介護サービスなど食事にとっても力を注いでいる施設も多くなりました。「食べること」は本当に大事なことなので楽しく食事をして健康で元気な毎日と美しい四季を感じながら過ごしていきたいですね。

キーワード

春行事 お寿司 外食 食べること 南東北グループ 江古田の森 介護老人保健施設 健康